2014年08月26日

【 26年8月福島訪問のご報告 その1 】

【 26年8月福島訪問のご報告 その1 】
 一昨日の夜に愛知県を出発して、福島県へ行ってまいりましたので、
いくつかに分けてご報告します。

 農産物について。
 私も農家であり、原発事故については、
正直な気持ちとしては
『 明日は我が身 』なのです。
そのため、農産物売り場については複雑な気持ちを持ちながら視察しました。
以下、気づいたことなどを。

 以前は産直においては自己測定値などを掲げて安全をうたっていることが多かったのですが、
現在はそういう光景はなくなりました。
で、相変わらず、福島県知事の【お墨付き】は、掲げられています。
ひとつには、福島県の農産物を広めるための環境が整った、と言うことかもしれません。
http://www.new-fukushima.jp/
10565228_670631203015412_8848079608654601487_n.jpg10613140_670631293015403_1353296364797847581_n.jpg10626648_670631266348739_1500131895086132559_n.jpg
さて、
ここで1つ強く思うことがあります。

それは、復興すること と
    次世代の健康を守ること
とは別物として考えるべきだ、という点です。

次世代が健康に成人することが地域を復興させることです。
一方で、経済を復興させることはいち早く求められます。
そんな中で、都合よく 復興 を美名として
子どもの健康を置き去りにする状況はますます定着している、
というのが、今回の視察から得た感想です。

つまり、政府も自治体も経済界も、子どもの健康を守るという点においては
残念ながら あてにはならない、という声を沢山聞きましたし、
それがそもそも現在の福島の子どもを取り巻く現状だといえるでしょう。

これではいけない!と気づいた市民による連携しか、子どもは救えません。

・・・ちなみに、ある保育園に設置されている線量計の値は0,13に対して、
10628562_670631369682062_2023858338784852646_n.jpg
個人的に測定した線量計の値は、0.2・・・・・
さてさて、これが意味するのは、何なんでしょう
posted by sproject at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 現地報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。