2014年03月28日

支援の形


福島の子どもたちを守ろうと、少しでも守れたら、
という思いからこの活動が続いているわけですが、
それと同じくらいに重要なのは、子どもたちを育てている親御さん、
とくにお母さん方の心の健康状態が良好であること、だと思います。

まあ、そうした部分でも支援をさせていただくのには、なにが良いのか・・・・・

事後報告になりますが、
先日、いつも野菜をお送りしているグループのお母様方がお集まりになる機会を捉えて、
こちらの菜の花などを送らせていただきました。
また、ちょうど時を同じくして、
いつもきゅうりを直接送ってくださっている安城の農家さんからきゅりを託されましたので、
あわせて送らせていただきました。

で、安心できる野菜の料理を皆さんが囲みながら息抜きをする・・・・
これも、とても大切なことだと思います。
なぜなら、空気を吸うという本来なら普通の行為が、
すでに福島では大変な行為だといっても過言ではないくらいに大変な状況だからです。
1601513_597707073641159_1263087425_n.jpg
写真は、実際に調理されて皆さんで味わっていただいたときのもの。
また、情報は、皆さんがお集まりになった催しの告知です。
http://blog.canpan.info/happyisland/archive/281

なお、大量に送ることができるのが良いにこしたことはありませんが、
それよりも、少量でも良いので気づいた人がそのときに送ることができるものを送る・・・
その積み重ねって、結構大きいと思います。

(facebook投稿より)by サラダプロジェクト代表
posted by sproject at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 現地報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。