2013年03月11日

震災から2年を迎えて

  震災から2年を迎えて。。。。その2
東日本大震災から2年が経ちました。
震災直後から頻繁に語られた言葉が、
    「  絆  」
そして、2年が経った昨日に頻繁に見られた言葉が
    「  忘れない  」

一昨年に訪れた南相馬の風景から、
福島県の方々の苦しみが尋常ではなかったことが
想像出来ますし、今でも終わっていません。

南相馬市にあった老人施設。津波が押し寄せた爪痕が、はっきりと分かる。
249314_436410166437518_1089162471_n.jpg
地震の直後、地元の人は津波を予想して、手分けしてここの入居者を救出しようとした。
現に、かなりの人を救出出来たが、それでも津波に間に合わず、10名近くの方々が亡くなられた。
津波は、海から(写真奥)まっすぐやってきた。
577814_436410876437447_1984923969_n.jpg
写真奥には、かつて集落が有ったが、すべて流された。。。
津波を予想して、地元の人は必死に救出しようとし、実際に多くの人を救出することが出来た。

ところで、この時にはまだ原発の事故には至っていない。
津波だけでも大変な惨事なのに、福島県の人々が本当に苦しむのは、この後のことである。
301591_436411083104093_1070738493_n.jpg
会津若松市には、福島第一原発の立地自治体である大熊町がいち早く役場毎避難していた。
ところで、支援物資が個々の支援センターにも届いてはいたが、
実は会津若松市民からの好意によるものがほとんどだった。
つまり、運び込んでいる人々の多くは、市民だった。
印象として、福島県への支援物資は、他の県と比較して少なかったように思える。
おそらく、原発事故の影響だろう。479816_436399386438596_1246008399_n.jpg
この写真が象徴しているのだが、福島県民は原発事故という未曾有の事故の中で、
自分たちの生活が大変なのにもかかわらず県民同士で助けあっておられた。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。