2014年08月26日

【 26年8月福島訪問のご報告 その1 】

【 26年8月福島訪問のご報告 その1 】
 一昨日の夜に愛知県を出発して、福島県へ行ってまいりましたので、
いくつかに分けてご報告します。

 農産物について。
 私も農家であり、原発事故については、
正直な気持ちとしては
『 明日は我が身 』なのです。
そのため、農産物売り場については複雑な気持ちを持ちながら視察しました。
以下、気づいたことなどを。

 以前は産直においては自己測定値などを掲げて安全をうたっていることが多かったのですが、
現在はそういう光景はなくなりました。
で、相変わらず、福島県知事の【お墨付き】は、掲げられています。
ひとつには、福島県の農産物を広めるための環境が整った、と言うことかもしれません。
http://www.new-fukushima.jp/
10565228_670631203015412_8848079608654601487_n.jpg10613140_670631293015403_1353296364797847581_n.jpg10626648_670631266348739_1500131895086132559_n.jpg
さて、
ここで1つ強く思うことがあります。

それは、復興すること と
    次世代の健康を守ること
とは別物として考えるべきだ、という点です。

次世代が健康に成人することが地域を復興させることです。
一方で、経済を復興させることはいち早く求められます。
そんな中で、都合よく 復興 を美名として
子どもの健康を置き去りにする状況はますます定着している、
というのが、今回の視察から得た感想です。

つまり、政府も自治体も経済界も、子どもの健康を守るという点においては
残念ながら あてにはならない、という声を沢山聞きましたし、
それがそもそも現在の福島の子どもを取り巻く現状だといえるでしょう。

これではいけない!と気づいた市民による連携しか、子どもは救えません。

・・・ちなみに、ある保育園に設置されている線量計の値は0,13に対して、
10628562_670631369682062_2023858338784852646_n.jpg
個人的に測定した線量計の値は、0.2・・・・・
さてさて、これが意味するのは、何なんでしょう
posted by sproject at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 現地報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【 26年8月福島訪問のご報告 その2 】

【 26年8月福島訪問のご報告 その2 】
自然保育に取り組んでいる保育園を視察しました。
また、持っていった野菜をお届けしました。
@ 県の助成も受けながら屋内遊戯施設を新設され、
その後は自己努力によって遊具も充実させています。
10620524_670640203014512_2543391398546050449_n.jpg10155569_670640326347833_2366072356040220659_n.jpg10516645_670640269681172_7978616009640394894_n.jpg10649582_670640199681179_6106827962195739609_n.jpg
子どもの写真を撮らないという条件で写真を撮らせていただきました。

A 食材にはつても気を遣っていらっしゃいます。
差し支えない範囲でご報告します。
この園では、食材の産地を保護者に公開していることと、
食材の線量を独自に測定されています。

なお、この保育園は現在定員の2倍近い園児を抱えていらっしゃいます。
つまり、その姿勢が信頼を得ているためですが、
子どもを抱える保護者の方々の潜在的不安が、
まさに遊ぶ場所と食材の問題にあることを表しているようです。
こうした取り組みをしている保育園は、残念ながらわずかです。
そしてその多くが、定員を大きく上回る園児を抱えているようです。

気になったこと。
それは、ここで出会った子どもたちも、スーパーなどで出会った子どもたちも、

色が白いこと。

外で、遊べないんですよね・・・・・。
posted by sproject at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

ヤンキー原発-閉鎖-米-バーモント州-5年の記録

バーモント原発は福島第一原発1号機の翌年(1972年)運転開始し、
福島原発と同じ沸騰水型原子炉・マーク1型です。

 電力会社は2013年8月に閉鎖を発表し、今年末に閉鎖される方針です。

住民は 汚染水漏れ(トリチウム、ストロンチウム、セシウム137、
コバルト60など)のこの原発を40年で閉鎖することを求めました。

 バーモント州はアメリカで唯一、州法で原発の運転延長の判断ができるとされていました。州議会が延長を認めない判断を下すと、約1年後に州を訴えました。

延長反対の州知事を選び、住民が原発閉鎖を求めて戦い続けた5年間の記録です。
ヤンキー原発-閉鎖-米-バーモント州-5年の記録
http://www.dailymotion.com/video/x1xwzvy_%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%BC%E5%8E%9F%E7%99%BA-%E9%96%89%E9%8E%96-%E7%B1%B3-%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E5%B7%9E-%EF%BC%95%E5%B9%B4%E3%81%AE%E8%A8%98%E9%8C%B2_news
posted by sproject at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。